iphoneを修理に出す前に知っておくべきこと

iphoneを修理店に預ける前に知っておくべきことですが、まず保存したデータのバックアップは取っておきましょう。どのアイフォン修理サービスでも「修理過程においてデータの消失の可能性があり、ご了承ください」といった文言があります。もちろん現場のスタッフの方々はプロです。最善を尽くして全力で修理を行ってくれるため、確率で考えればほとんどの事例においてデータが消失する事はありません。

しかし故障の理由によっては大規模なメンテナンスが必要です。激しい水濡れや激しい衝撃を受けたアイフォンは修理をする事で逆にデータが正しく呼び出せなくなります。そのためユーザーの手元にある間に、もしバックアップの作業が出来るようであれば先にデータを移します。アイクラウドにアップデートしたり、自宅のパソコンに転送したりと、とにかく不安定ながらもiphoneが動いている間に作業をすれば、最悪の事態は避けられます。

残念ながら最悪の結果になってしまった場合も、その結果については涙をこらえて受け入れましょう。iphoneの修理店に預けた時点でデータが修理過程で破損したり、消えてしまう事は了承する事になりますので、後でクレームをつけても意味はありませんし、それは約束に反する事になりますので自重しなければいけません。

iphoneを修理に出す前はスタッフの方が作業をしやすいように、付属品は全て外します。イヤホンや手帳型ケースやストラップ、データ保存用の外部メディアやアイフォンケースなどを付けたまま預けるのは良くありません。

電源を落とす事も大事です。電源が入ったまま、そして色々なアプリが起動したまま預けるのもNGとなります。預ける前に今一度手元のiphoneの状態を確認し、アプリが一つも起動していないか確認しなければいけません。

専門店によって決済方法は異なります。カードが使えるお店が多いですが、念のために現金はある程度準備した方が安心です。