安くiphoneの修理を済ませたいのなら

iphone一台あれば何でもできる、本当に便利な小さなパソコンのような存在です。
しかし、近年のバージョンアップに伴いアイフォンの画面は薄型液晶に変わり、使えるアプリも増えた分バッテリーの消費も激しい為、壊れやすくなったというデメリットも含んでいます。
今までも2年に何度かアイフォンを壊してしまっている人は必ずアップルのAppleCare+に加入されることをお勧めします。617円を24ヵ月(14,808円)をiphoneの保証料金として支払います。一見壊れなかったらとても損した気分になる気持ちはわかりますが、iphoneに修理が必要になった時、安く修理代を上げたい場合はこれが一番安いサービスとなります。
修理回数が決められているので何度も対象にはならないケースも出てきますが、一番故障として多いであろうガラス液晶交換修理やバッテリーの不具合などは、一般修理業者に比べて断然安く比になりません。
AppleCare+に加入されている場合、バッテリー交換については一回無料で交換してくれるサービスもあり、無料サービス後にまた交換したとしても、アップルの交換価格は格安で一般業者に比べてやはり安くつきます。
先ほど話した一番トラブルが多いであろうガラス液晶交換は、一般業者だとアイフォンのバージョンによっては2万を超える金額を取っている業者もありますが、アップルでは一律どのバージョンでも3,400円で交換してくれます。
そのほかにもスリープボタンの故障、又はホームボタンやカメラの保証など、壊れやすい所が壊れなくても、本人の使い方や扱い方によってどこが壊れるかもわかりません。
そんな時もAppleCare+に加入しておけば、バッテリー交換及びガラス液晶交換以外は全て11,800円で修理対応を行ってくれます。
特に一般アイフォン修理業者は故障部分や使用のバージョンによって大きく値段を変えてきます。古いバージョンであればある程修理費用が高くついたりすることもあります。しっかり購入時に保証をかけて、いざというときは安くつくように準備することをお勧めします。